この成分って何だっけ?そんな疑問を解決します

登録販売者の成分を知るサイト

スポンサーリンク

14.強心薬

※あくまで手引きに記載された試験範囲として、内容をまとめたものです。

※既に試験に受かっている方はここの記載だけを当てにしないでください。

※成分名前の☆は三重県の平成25~29年での第三章の試験にて、名称が登場した回数です。(1回以上登場した年を1とカウントしています。また、名称のみを参照)

【禁】禁忌、【相】相談、【重】重篤な副作用、【副】その他の副作用、【注】備考等

(OTC添付文書への表記方法に従う。そのため、手引きでは「避ける」といった表現も【禁】ではなく【相】に当たるものもある。基本的にどのような表記だろうが『ダメ』だと考えれば問題ない)

 

●生薬(強心成分)

・心筋に直接刺激、収縮力を高める

☆☆☆☆蟾酥センソ[強心]

・ヒキガエル科、シナヒキガエル等の毒腺の分泌物を集めたもの

・微量で強い作用

・皮膚や粘膜での局所麻酔作用があるため噛まずに服用する

・OTCでは、5mg↓/1日。これを超えると劇薬指定となる

【副】吐き気、嘔吐

☆☆牛黄ゴオウ[強心、血圧降下、興奮鎮静]

・ウシ科、ウシの胆嚢たんのう中に生じた結石


⇒風邪薬

牛黄ゴオウ[解熱]

・ウシ科、ウシの胆嚢たんのう中に生じた結石

麝香ジャコウ[強心、呼吸中枢刺激により呼吸機能を高める、意識をはっきりさせる]

・シカ科、ジャコウジカの雄の麝香腺分泌物

☆☆☆鹿茸ロクジョウ[強心、強壮、血行促進]

・シカ科、マンシュウアカジカ又はマンシュウジカの雄のまだ角化していないか、僅かに角化した幼角

 

●生薬(強心成分以外)

竜脳リュウノウ[気つけ]

・主要物質のボルネオールによる中枢神経系の刺激作用

(※手引きに記載は無いが、リュウノウジュの精油から得られる生薬)

☆☆真珠シンジュ[鎮静]

・ウグイスガイ科、アコヤガイ、シンジュガイ又はクロチョウガイ等の外套膜がいとうまく組成中に病的に形成された顆粒状物質

羚羊角レイヨウカク[緊張や興奮鎮静]

(小児の疳より転記)

・ウシ科、サイカレイヨウ等の角

☆☆沈香ジンコウ[鎮静、健胃、強壮]

(小児の疳より転記)

・ジンチョウゲ科、ジンコウ、その他同属植物の材、特にその辺材の材質中に黒い樹脂が沈着した部分

熊胆ユウタン[健胃(苦味)]

(胃腸薬(健胃系)より転記)

・クマ科、ヒグマその他近縁動物の胆汁を乾燥したもの

・ウシ等に由来する「動物胆」が用いられることもある

・後述の消化成分としても使われる

【相】肝臓病(肝臓の働きを高めるため)

番紅花サフラン[鎮静、鎮痛、滞った月経促進。日局:(煎薬として)冷え症、血色不良]

(婦人薬より転記)

・アヤメ科、サフランの柱頭

人参ニンジン(蔘)[神経系興奮、副腎皮質機能亢進]

(滋養強壮薬より転記)

・ウコギ科、オタネニンジンの細根を除いた根又は軽く湯通ししたもの

・高麗人参(蔘)、朝鮮人参(蔘)とも呼ばれる

(※一般的な野菜の人参はセリ科であり別物)

淫羊藿インヨウカク[強壮、血行促進、強精]

(滋養強壮薬より転記)

・メギ科、エピメディウム・ブレビコルヌム、イカリソウ等の地上部

 

●漢方[体力](含カンゾウ、マオウ、ダイオウ)

苓桂朮甘湯りょうけいじゅつかんとう[中等度↓](カ)

・めまい、ふらつきがある、時にのぼせや動悸があるもの:立ち眩み、めまい、頭痛、耳鳴り、動悸、息切れ、神経症、神経過敏

・利尿作用により水毒(体内の水分が停滞や偏在して循環悪いという漢方の考え方)の排出促進を行うもので、強心作用のある生薬が含まれているわけではない

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投稿日:2017年6月26日 更新日:

Copyright© 登録販売者の成分を知るサイト , 2018 All Rights Reserved.