この成分って何だっけ?そんな疑問を解決します

登録販売者の成分を知るサイト

スポンサーリンク

ピレンゼピン塩酸塩

投稿日:2017年12月4日 更新日:

抗コリン成分

・抗コリン(胃酸分泌抑制(M1ブロッカー))

【禁】 15歳未満
機械類の操作 目のかすみ等の可能性
長期連用
【相】 排尿困難 尿が出にくくなることによる症状の悪化の可能性
緑内障 眼圧上昇による症状の悪化の可能性
便秘や下痢、口渇が続く
【重】 アナフィラキシー様症状
【副】 発疹、痒み、吐き気、胃部膨満感、排尿困難、動悸、目のかすみ等
【補】 消化管運動に影響を殆ど与えないが、それ以外での抗コリン作用に注意

 

主な使用薬

胃腸薬(健胃系)

 


・このページの成分の内容は、手引き以外の資料を主として参考に作成されています。そのため、手引きを参考に作成された「薬一覧」での記載とは異なる場合があります。

・OTCとしての利用の際の注意事項を主として記載しています。ただし、手引きに記載されているものは極力記載をしています。

・成分ごとのページに記載された「主な使用薬」は、手引きでの記載に準じ、実際の使用実態とは異なる場合があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の成分を知るサイト , 2018 All Rights Reserved.