この成分って何だっけ?そんな疑問を解決します

登録販売者の成分を知るサイト

スポンサーリンク

未分類

アセチルサリチル酸(アスピリン)

投稿日:2017年7月23日 更新日:

解熱鎮痛成分

・解熱鎮痛

【禁】 15歳未満 ライ症候群発症の可能性
出産予定12週以内
解熱鎮痛薬や風邪薬による喘息の既往歴 アスピリン喘息の可能性
飲酒
長期連用
【相】 妊婦、妊娠疑い
授乳中 乳汁中への移行の可能性
肝臓病 肝機能悪化の可能性
心臓病 症状の悪化の可能性
腎臓病 症状の悪化の可能性
胃・十二指腸潰瘍 症状の悪化の可能性
高齢者
【重】 ショック
中毒性表皮壊死融解症
皮膚粘膜眼症候群
喘息
肝機能障害
再生不良性貧血
【副】 発疹、かゆみ、吐き気、腹痛、めまい、出血等
【補】 OTCでは血栓予防には使用されない
ピリン系ではない 「アスピリン」は元々は商品名
NSAIDs(非ステロイド性解熱鎮痛薬)に分類 「エヌセイズ」と読む

 

主な使用薬

風邪薬

解熱鎮痛薬

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の成分を知るサイト , 2018 All Rights Reserved.