17.他の循環器用薬

【禁】:使用してならない、しない、避ける、適用外
【相】:治療を行っている医師、調剤を行った薬剤師への相談
【重】:まれに起こる重篤な副作用
【副】:一般的に現れやすい副作用、漢方製剤では不向きも含む
【注】:再発を招く、要観察、注意喚起、その他注意点
【効】:漢方製剤等の効能、効果
【主】:主製剤

◆他の循環器用薬で使われる成分

■生薬

コウカ キク科 ベニバナの管状花をそのままか黄色色素の大部分を除いたもので、時に圧縮して板状にしたもの
末梢血行促進し鬱血を除く
日本薬局方収載:コウカは煎じて服用することで冷え性や血色不良にも

■生薬以外

●ユビデカレノン

・別名「コエンザイムQ10」

・肝臓や心臓等の臓器に多く存在、エネルギー代謝に関与する酵素の働きを補助

・ビタミンB群と共に栄養素からエネルギー産生されるときに働く

・心筋の収縮力を高め血液循環を改善

・軽度な心疾患に起こる動悸、息切れ、むくみに使用

【禁】 15歳未満 小児の心疾患は診療を受けることが優先であるため
強心薬との併用 作用の増強、心臓への負担増、【副】の可能性が高まる
【相】 心臓の疾患の治療中 治療が優先であるため
高血圧症 動悸や息切れ、むくみはこれらの基礎疾患によるものの可能性があるため
呼吸器疾患
腎臓病
甲状腺機能異常
貧血
【副】 胃部不快感、食欲不振、吐き気、下痢、発疹、かゆみ
【注】 長期連用 心臓以外の病気が考えられるため

●ヘプロニカート、イノシトールヘキサニコチネート

・ニコチン酸が遊離し、ニコチン酸が末梢の血液循環を改善

・ビタミンEと組み合わされることが多い

●ルチン

・ビタミン様物質の一つ

・毛細血管の補強、強化

■漢方

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)

・中↑

・ダイオウ

【効】 のぼせ気味、顔面紅潮、精神不安、みぞおちのつかえ、便秘傾向のもの 高血圧の随伴症状(のぼせや肩こり、不眠等)鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症
【副】 虚弱、胃腸が弱い、下痢、出血が長引いている 激しい腹痛を伴う下痢
【禁】 鼻血、痔出血、便秘に用いる場合の長期連用

七物降下湯(しちもつこうかとう)

・中↓

・いずれも含まれない

【効】 顔色が悪い、疲れやすい、胃腸障害がないもの 高血圧を伴う随伴症状(のぼせや肩こり、不眠等)
【副】 胃腸が弱い、下痢 胃部不快感
【禁】 15歳未満

スポンサーリンク