15.高コレステロール改善薬

【禁】:使用してならない、しない、避ける、適用外
【相】:治療を行っている医師、調剤を行った薬剤師への相談
【重】:まれに起こる重篤な副作用
【副】:一般的に現れやすい副作用、漢方製剤では不向きも含む
【注】:再発を招く、要観察、注意喚起、その他注意点
【効】:漢方製剤等の効能、効果
【主】:主製剤

◆高コレステロール改善薬で使われる成分

■コレステロール

・細胞の構成成分

・胆汁酸、副腎皮質ホルモン等の生理活性物質の産生に使われる、生体には不可欠な物質

・産生、代謝は主に肝臓で

水に溶けにくく、血液中では血漿蛋白質と結合したり、リポたんぱく質として存在

コレステロールを肝臓⇒末梢組織へ運ぶものを低密度リポたんぱく質(LDL:悪玉コレステロールとも)

コレステロールを末梢組織⇒肝臓へ運ぶものを高密度リポたんぱく質(HDL:善玉コレステロールとも)

LDL>HDLになるとコレステロールが末梢組織側に偏り蓄積するため、生活習慣病(動脈硬化、心臓病、肥満等)に繋がる可能性

・LDLが140mg↑/dL、HDLが40mg↓/dL、中性脂肪が150↑mg/dLのいずれの状態を脂質異常症と呼ぶ

■高コレステロール改善

・全体

【副】 消化器系の副作用(吐き気、胃部不快感、胸焼け、下痢等)

●ソイステロール(大豆油不鹸化(ふけんか)物)

・腸管でのコレステロール吸収の抑制

●リノール酸を含む植物油

・コレステロールと結合、代謝されやすいコレステロールエステルを形成し、肝臓での代謝を促進

●ポリエンホスファチジルコリン

・コレステロールと結合、代謝されやすいコレステロールエステルを形成し、肝臓での代謝を促進

●パンテチン

・LDL等の異化排泄の促進、リポタンパクリパーゼ活性を高め、HDL産生を高める

■ビタミン

●ビタミンB2

・コレステロールの生合成抑制、排泄、異化促進、中性脂肪抑制、過酸化脂質分解

【主】 リボフラビン酪酸エステル、フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム、リボフラビンリン酸エステルナトリウム
【効】 口角炎、口唇(こうしん)炎、口内炎、舌炎、湿疹、皮膚炎、かぶれ、ただれ、にきび、肌荒れ、赤鼻、目の充血や痒み緩和、肉体疲労時の補給
【注】 尿が黄色くなる

●ビタミンE

・コレステロールからの過酸化脂質の生成抑制、末梢血管での血行促進

・血中コレステロール異常に伴う末梢血行障害の緩和

【主】 トコフェロール、トコフェロールコハク酸エステル、トコフェロール酢酸エステル
【効】 末梢血管障害による肩こり、首筋のこり、手足の痺れ、冷え、しもやけの緩和、更年期による肩こり、首筋のこり、冷え、手足のしびれ、のぼせ、月経不順緩和、老年期の補給
【注】 下垂体や副腎系に作用し、ホルモン分泌の調節に関与し、ときに生理が早く来る、経血量が多くなることがある

●ガンマ-オリザノール

・米油や米胚芽油から見出される抗酸化作用

・ビタミンEと組み合わせで配合されることがある

スポンサーリンク