トラネキサム酸

抗炎症成分

・抗炎症(抗プラスミン作用によるブラジキニン等の遊離抑制)

・止血(抗プラスミン作用によるフィブリンの分解抑制)

【相】 血栓 安定化(溶けにくくする)する可能性
【副】 発疹、はきけ、下痢、頻尿、めまい等
【注】 「セトラキサート塩酸塩」との併用 代謝により「トラネキサム酸」を生じるため

主な使用薬

風邪薬

鎮咳去痰薬

含嗽薬

胃腸薬(健胃系)

アレルギー内服薬

スポンサーリンク