ファモチジン

抗ヒスタミン成分

・抗ヒスタミン(胃酸分泌抑制(H2ブロッカー))

【注】 第1類指定の成分で、登録販売者では取り扱えない
【禁】 アレルギー既往歴
血液系の病気治療中 血液障害の可能性
心臓系の病気治療中 脈の乱れの可能性
肝臓系の病気治療中 作用の増強の可能性
腎臓系の病気治療中 作用の増強の可能性
胃・十二指腸系の病気治療中 薬剤の重複の可能性
免疫系の病気治療中 血液障害の可能性
副腎皮質ホルモン薬や抗生物質、抗がん剤、アズール系抗真菌剤使用中 血液障害の可能性
血液系の異常 血液障害の可能性
妊婦、妊娠疑い
授乳中
15歳未満、80歳以上
【相】 高齢者
喉の痛みや咳、高熱 症状の悪化の可能性
体重減少 別原因の可能性
便秘や下痢、口渇、腹痛が続く
【重】 ショック
中毒性表皮壊死融解症
皮膚粘膜眼症候群
肝機能障害
腎機能障害
血液障害
横紋筋融解症
間質性肺炎
【副】 発疹、痒み、不整脈、ひきつけ、気が遠くなる、だるさ、発熱、喉の痛み等
【注】 2週間以上の連用
3日間の使用で症状が改善しない

主な使用薬

手引きには記載の無い成分

(●胃腸薬(健胃系)


・このページの成分の内容は、手引き以外の資料を主として参考に作成されています。そのため、手引きを参考に作成された「薬一覧」での記載とは異なる場合があります。

・OTCとしての利用の際の注意事項を主として記載しています。ただし、手引きに記載されているものは極力記載をしています。

・成分ごとのページに記載された「主な使用薬」は、手引きでの記載に準じ、実際の使用実態とは異なる場合があります。

スポンサーリンク