ジメンヒドリナート(ジフェンヒドラミンテオクル酸塩)

抗ヒスタミン成分

・鎮暈(内耳の前庭での自律神経反射抑制)

・制吐

【禁】 機械類の操作 眠気の可能性
授乳中 乳汁への移行による乳児の昏睡等の可能性
【相】 排尿困難 症状の悪化の可能性
緑内障 症状悪化の可能性
口渇が続く
【重】 ショック
【副】 発疹、痒み、眠気、動悸、排尿困難等

主な使用薬

鎮暈薬


・このページの成分の内容は、手引き以外の資料を主として参考に作成されています。そのため、手引きを参考に作成された「薬一覧」での記載とは異なる場合があります。

・OTCとしての利用の際の注意事項を主として記載しています。ただし、手引きに記載されているものは極力記載をしています。

・成分ごとのページに記載された「主な使用薬」は、手引きでの記載に準じ、実際の使用実態とは異なる場合があります。

スポンサーリンク