セチリジン塩酸塩

抗ヒスタミン成分

・抗ヒスタミン(鼻水等抑制)

・抗アレルギー

【禁】 15歳未満
機械類の操作 比較的中枢神経抑制は弱いが、眠気の可能性
授乳中
腎臓病
ピペラジン誘導体によるアレルギー既往歴
【相】 妊婦、妊娠疑い
肝臓病 血中濃度の高い状態が続く可能性
てんかん、痙攣発作歴 痙攣を起こす可能性
高齢者
アレルギー性かどうか分からない
アレルギー疾患(気管支喘息、アトピー性皮膚炎等)
口渇、便秘、下痢、眠気が続く
1週間の使用で症状が改善しない
2週間以上の使用(改善が見られても)
【重】 ショック
痙攣
肝機能障害
血小板減少
【副】 倦怠感、頭痛、痺れ感、めまい、不眠、ふるえ、自殺願望、攻撃性、無力感、幻覚、意識消失、吐き気、食欲不振、胃部不快感、腹痛、胃痛、口内炎、味覚異常、舌の腫れ、動悸、不整脈、発疹、じんましん、むくみ、目の充血や霞み、異常な眼球の動き、息苦しさ、尿蛋白や糖、頻尿、排尿困難、耳鳴り、月経異常、関節痛、体重増加、発熱等

主な使用薬

手引きには記載の無い成分

(●アレルギー内服薬


・このページの成分の内容は、手引き以外の資料を主として参考に作成されています。そのため、手引きを参考に作成された「薬一覧」での記載とは異なる場合があります。

・OTCとしての利用の際の注意事項を主として記載しています。ただし、手引きに記載されているものは極力記載をしています。

・成分ごとのページに記載された「主な使用薬」は、手引きでの記載に準じ、実際の使用実態とは異なる場合があります。

スポンサーリンク