アセトアミノフェン(パラセタモール)

解熱鎮痛成分

・解熱鎮痛

【禁】 解熱鎮痛薬や風邪薬による喘息の既往歴 アスピリン喘息の可能性
飲酒(特に日常的に多く飲む者) 代謝物の生成促進による肝機能障害の可能性
長期連用
【相】 妊婦、妊娠疑い
肝臓病 肝機能悪化の可能性
心臓病 症状の悪化の可能性
腎臓病 症状の悪化の可能性
胃・十二指腸潰瘍 症状の悪化の可能性
高齢者
【重】 ショック
中毒性表皮壊死融解症
皮膚粘膜眼症候群
急性汎発性発疹性膿疱症
喘息
肝機能障害
間質性肺炎
腎障害
【副】 発疹、かゆみ、吐き気、めまい等
【補】 抗炎症効果は期待できない 末梢でのプロスタグランジン合成抑制はほとんどない
他の解熱鎮痛との組み合わせ使用が多い ACE処方が代表的
NSAIDs(非ステロイド性解熱鎮痛薬)に分類 「エヌセイズ」と読む

主な使用薬

風邪薬

解熱鎮痛薬

スポンサーリンク