05.鎮暈薬

【禁】:使用してならない、しない、避ける、適用外
【相】:治療を行っている医師、調剤を行った薬剤師への相談
【重】:まれに起こる重篤な副作用
【副】:一般的に現れやすい副作用、漢方製剤では不向きも含む
【注】:再発を招く、要観察、注意喚起、その他注意点
【効】:漢方製剤等の効能、効果
【主】:主製剤

◆鎮暈薬で使われる成分

・つわりに伴う吐き気は対象ではない

・3歳未満対象の薬はない

■抗めまい

●ジフェニドール塩酸塩

・前庭神経の調節

・内耳への血流改善

抗ヒスタミンに似た作用、副作用も同様

【禁】 排尿困難 症状の悪化
緑内障 症状の悪化
【副】 排尿困難、眠気、眩しさ、口渇、不安定感

■抗ヒスタミン

・嘔吐中枢への刺激の抑制

・自律神経反射を抑制

●全体

【禁】 機械類の運転操作 眠気、眩しさ、かすみ
【相】 排尿困難 症状の悪化
心臓病 症状の悪化
緑内障 症状の悪化
高齢者 基礎疾患として【相】を持っている可能性があるため
【副】 排尿困難、口渇、眩しさ、目のかすみ、便秘

●ジメンヒドリナート(ジフェンヒドラミンテオクル酸塩)

-専ら乗り物酔い防止に

●メクリジン塩酸塩

-作用は遅いが長い

●プロメタジンテオクル酸塩

【禁】 (プロメタジン)15歳未満 致命的な呼吸困難抑制の可能性

●クロルフェニラミンマレイン酸塩

●ジフェンヒドラミンサリチル酸塩

■抗コリン

・中枢に作用、自律神経系の混乱を軽減

・末梢で消化管の緊張を低下

●全体

【禁】 機械類の運転操作 眠気、眩しさ、かすみ
【相】 排尿困難 症状の悪化
心臓病 症状の悪化
緑内障 症状の悪化
高齢者 基礎疾患として【相】を持っている可能性があるため
【副】 排尿困難、口渇、眩しさ、目のかすみ、便秘

●スコポラミン臭化水素酸塩

-乗り物酔い防止として古くから使用

-消化管での吸収が良く、脳内に移行しやすい

-肝臓での代謝が速く、作用が短い

●生薬

ロートコン ナス科 ハシリドコロ等の根茎や根
抗コリン作用の「アルカロイド」を含み、「スコポラミン」も含む

■鎮静

・乗り物酔いは心理的な要因も影響するため、それを緩和

●全体

【禁】 機械類の運転操作 眠気
長期連用 依存性があるため
複数の鎮静剤の併用

●ブロモバレリル尿素

【禁】 妊婦、妊娠疑い 胎児に障害が起こる可能性

●アリルイソプロピルアセチル尿素

■キサンチン系

・軽い興奮を脳に起こし、平衡感覚の混乱によるめまいを軽減

・全体

【禁】 胃酸過多 胃腸障害の可能性が高まる
胃潰瘍
心臓病 動悸の可能性が高まる
【相】 甲状腺障害 症状の悪化
てんかん 症状の悪化
【副】 震え、めまい、不安、頭痛、不眠
胃腸障害
動悸
【注】 長期連用 依存性があるため
妊婦、妊娠疑い 血液-胎盤関門通過による胎児への影響
授乳中 乳児のカフェイン蓄積による頻脈、不眠
(カフェイン)摂取量の上限 200mg/1回、500mg/1日

●ジプロフィリン

●カフェイン類

・乗り物酔いに伴う頭痛の緩和

・眠気を取るものではない

・カフェイン

・無水カフェイン

・安息香酸ナトリウムカフェイン

■局所麻酔

・胃粘膜への麻酔作用で嘔吐刺激の緩和

●アミノ安息香酸エチル

【禁】 6歳未満 メトヘモグロビン血症の可能性

■ビタミン、強壮

・吐き気防止を期待

●ビタミンB2

【主】 リボフラビン酪酸エステル、フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム、リボフラビンリン酸エステルナトリウム
【効】 口角炎、口唇(こうしん)炎、口内炎、舌炎、湿疹、皮膚炎、かぶれ、ただれ、にきび、肌荒れ、赤鼻、目の充血や痒み緩和、肉体疲労時の補給
【注】 尿が黄色くなる

●ビタミンB6

【主】 ピリドキシン塩酸塩、ピリドキサールリン酸エステル
【効】 口角炎、口唇炎、口内炎、舌炎、湿疹、皮膚炎、かぶれ、ただれ、にきび、肌荒れ、しびれ、体力低下時の補給

●ニコチン酸アミド

スポンサーリンク