22.鼻炎用薬

【禁】:使用してならない、しない、避ける、適用外
【相】:治療を行っている医師、調剤を行った薬剤師への相談
【重】:まれに起こる重篤な副作用
【副】:一般的に現れやすい副作用、漢方製剤では不向きも含む
【注】:再発を招く、要観察、注意喚起、その他注意点
【効】:漢方製剤等の効能、効果
【主】:主製剤

◆鼻炎用薬で使われる成分

※当ページは「点鼻薬(鼻スプレー)」等に該当するものであり、内服薬としての鼻炎用薬は⇒アレルギー用内服薬

・鼻粘膜を通る血管から循環血液に移行し、全身に影響が出る可能性がある

・ポリープは一般用医薬品で対処すべきではない

■アドレナリン作動

・過度の使用は逆に鼻詰まりを引き起こす可能性がある

・全体

【相】 心臓病 症状の悪化
高血圧 症状の悪化
糖尿病 症状の悪化
甲状腺機能障害 症状の悪化
高齢者 基礎疾患として【相】を持っている可能性があるため

●ナファゾリン塩酸塩

●フェニレフリン塩酸塩

●テトラヒドロゾリン塩酸塩

■抗ヒスタミン

・全体

【禁】 機械類の運転操作 眠気、眩しさ、かすみ
【相】 排尿困難 症状の悪化
心臓病 症状の悪化
緑内障 症状の悪化
高齢者 基礎疾患として【相】を持っている可能性があるため
【副】 排尿困難、口渇、眠気、眩しさ、目のかすみ、便秘

●クロルフェニラミンマレイン酸塩

●ケトチフェン

■抗アレルギー

●クロモグリク酸ナトリウム

・ヒスタミンの遊離を抑制

アレルギー性ではない症状には効果は無い

【相】 アレルギー治療中(減感作療法など) 治療の妨げとなる可能性
【重】 アナフィラキシー
【副】 鼻出血、頭痛

■局所麻酔

●リドカイン

【重】 アナフィラキシー

●リドカイン塩酸塩

【重】 アナフィラキシー

■殺菌消毒

●ベンザルコニウム塩化物

効果有 細菌、真菌
効果無 結核菌、ウイルス

●ベンゼトニウム塩化物

効果有 細菌、真菌
効果無 結核菌、ウイルス

●セチルピリジニウム塩化物

効果有 細菌、真菌
効果無 結核菌、ウイルス

■抗炎症

●グリチルリチン酸二カリウム

【禁】 「グリチルリチン酸」として40mg↑/1日の長期連用 【重】の可能性が高まる
【相】 むくみの「グリチルリチン酸」として40mg↑/1日の使用 【重】の可能性が高まる
心臓病の「グリチルリチン酸」として40mg↑/1日の使用
肝臓病の「グリチルリチン酸」として40mg↑/1日の使用
腎臓病の「グリチルリチン酸」として40mg↑/1日の使用
高血圧の「グリチルリチン酸」として40mg↑/1日の使用
高齢者の「グリチルリチン酸」として40mg↑/1日の使用
【重】 偽アルドステロン症
【注】 「グリチルリチン酸」は甘味料として薬以外にも使用 薬との重複による過剰摂取

スポンサーリンク